木津川沿いに建つ住宅である。

準工業地域のこのエリアには、工場や商店と住宅が一体になった建物が多く建ち並んでいる。ここに建っていた以前の住まいも元々は1Fに建て主の会社が入っており、その上が住居となっていた。築約50年の建物は改築が繰り返され、一度訪れただけでは迷子になるほど入り組んで造られていた。大変面白い建物であったが、老朽化や構造的に不安な事もあり建て替える事となった。


本計画では住宅用途のみとし、将来的に息子夫婦が同居する予定として計画をした。

1Fは駐車場、2Fは子世帯、3Fは共有スペースや客間、4Fは親世帯としてフロア毎に区切る計画としている。

 

敷地は全面道路側と川側の両面からよく見える場所である。すぐ近くに幹線道路が通っており人通りが多く、通風や採光のために窓を多く設けて欲しいとの要望があったが、そのまま単純に窓を設けることには不安があった。川側は橋からの距離が図面で見るよりも近く感じられたため、川側の外壁面を少し振る事で心理的な距離を確保している。道路側については、雨の日でも窓を開けることができるようにケラバの出を大きくしており、それによって生まれた余剰空間を設備機器の置き場とし、設備機器を隠し外部からの直接の視線も軽減でき通風採光をとれるようエキスパンドメタルによるパネルにて外壁面を構成している。

 

元々会社が入っているような大きな建物に住んでいた建て主の持ち物(一般的な住宅にはないスケールのもの)が入るように設計を進めたところ、住宅のはずが工場のような何とも言えない不思議なスケール感が生まれ、それが周囲の風景と馴染みつつも何か少しズレがあるような建築ができたように思う。

所在地 / 大阪市

用途 / 住宅

主要構造 / 鉄骨造

階数 / 地上4階

延床面積 / 670.88㎡

 

構造設計 / 高橋俊也構造建築研究所

       担当 高橋 俊也

設備設計 / 羽田設備設計

       担当 羽田 信晴

照明計画 / NEW LIGHT POTTERY

       担当 永冨 裕幸 , 奈良 千寿

造園計画 / planta

       担当 清野 陽介

家具選定 / aRC FURNITURE POINT

     担当 井上 博乃

 

施工 / ヒロタ建設株式会社

   担当 佐藤 貴彦 , 西川 幸治

   KITCHENMIND

   担当 東端 雄一 

   planta

     担当 清野 陽介

 

写真 / 笹の倉舎

   担当 笹倉 洋平

大正の家